日本ラジオ歌謡研究会会則  抜粋

 

                                                                            制定 平成16年4月 1日
                                              改訂 平成17年4月 5日
   改訂 平成18年6月24日
                                   改訂  平成19年6月23日   改訂  平成20年6月28日
                                    改訂  平成22年6月12日
                           
              

     第1章   総則

                   (名称)
     第1条   この会は日本ラジオ歌謡研究会(以下本会と略称)と称する。

                 (事業所)
     第2条   本会は、本部事務所を秋田市に置き、円滑な運営をはかるものとする。
         2  本会は、所定の手続きを経て、支部を置くことができる。

                  (目的)
     第3条   本会は、失われつつあるラジオ歌謡の楽譜等の資料を整備し、その
           普及活動を促進し永く後世に残すことを目的とする。

                  (事業)
     第4条   本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
           (1)ラジオ歌謡成立の歴史や、作詞者、作曲者、歌手などに係わる
              資料を収集し整理・研究に努める。
           (2)前項に係わる楽譜やオリジナル音源の所在や解明を行う。
           (3)普及活動のための楽譜や情報誌の出版、ラジオ歌謡コンサートや
              ラジオ歌謡音源コンサートなどを後援する。
           (4)ラジオ歌謡に係わる情報の収集伝達のため、機関紙の発行やイン
              ターネットを併用して広報活動に務める。
           (5)その他本会の目的を達成するために必要な事業を行う。

     第2章   会員

                 (会員)
     第5条   本会の会員は、次のとおりとする。
           (1)正会員
               本会の目的を深く理解し、活動の推進に協力できる人。
           (2)賛助会員
               本会の目的を深く理解し、本会の発展に物心両面に協力を
               いただける企業や団体、および個人。
  
                 (入会)
     第6条  本会の会員になろうとする者は、所定の入会申込書を会長に提出し、
          役員会の承認を得るものとする。

                (会費の納入)
     第7条  会員は会費として、所定の会費を納入しなければならない。なお寄付行為はこれを妨げない。
         2 前年度から継続して入会している会員は、新年度の年会費を当年5月末日
           までに納入するものとする。
         3 会費はいかなる理由においても、返還しないものとする。

     (資格の喪失) 略
     (退会)略
     (権利の喪失)略
     第3章  役員等  略
     第4章  会議   略
     第5章  組織機構 略
     第6章  事務局および会務の委託等   略
     第7章  資産および会計   略
     第8章  会則の改訂および解散   略
     第9章  雑則   略   以上全35条。

メインページへ戻る