曲名一覧

制作 日本ラジオ歌謡研究会

           ラジオ歌謡 曲名一覧表     
1.RNo のRとはラジオ歌謡を表し、Noは放送順を表している。国民歌謡の「かえり道のうた」
  新しく「ラジオ歌謡」でもあることがわかったため、R46Aとして加えられているが、
  それ以外の各ラジオ歌謡のRNoはR1からR845まで変化せず固定Noになっている。
  したがって、ラジオ歌謡の総数は846曲である。
2.楽譜の欄の○はピアノ譜、△はメロディ譜の存在を確認していることを表している。そして、
  メロディ譜や空欄はピアノ譜をさがしていることを表している。
3.音源の有無については、日本ラジオ歌謡研究会においても、音源の分類方法を研究中であるため
  研究会機関誌「ラジオ歌謡研究」(国立国会図書館はじめ、全国すべての県立図書館に創刊号
  から寄贈)の各号には、その検討の一端が示されている。
4.連絡先 〒010-0041秋田市広面字碇63-2 工藤雄一
  Tel: 018−832−7191、 Fax: 018−833−9960         (2015.12.24現在)
RNo  年 曲     名 作 詞 作 曲 楽譜
21
1 風はそよ風 東 辰三 明本京静
2 朝はどこから 森 まさる 橋本国彦
3 歌いましょうよ楽しい歌を 深尾須磨子 渡辺浦人
4 赤ちゃんのお耳 都築益世      佐々木すぐる
5 青い風 勝 承夫 海沼 実
6 スポーツの唄 サトウ・ハチロー 福井文彦
7 港の唄 中山富久 石渡日出夫
8 三日月娘 薮田義雄 古関裕而
9 母の背なか 西条八十 橋本国彦
10 旅人 時雨音羽 内田 元
11 ペダルを踏んで 八十島 稔 高木東六
12 楽しい夢 野村俊夫 明本京静
13 落葉の歌 藤浦 洸 保田 正
14 赤き実 相良静夫 古関裕而
15 僕のゆめ 野長瀬正夫 橋本国彦
22
16 虹の都 大高ひさお 利根一郎
17 青い時計台 サトウ・ハチロー 佐々木すぐる
18 風とお日さま 上村数馬 橋本国彦
19 微笑む人生 白井武司 明本京静
20 白梅 竹内てるよ 平井保喜
21 勤労歌 藤浦 洸 古関裕而
22 春便り 八十島 稔 飯田信夫
23 町から村から工場から 国鉄詩人編集部 坂井照子
24 新日本の歌 土井一郎 福沢真人
25 われらの日本 土岐善麿 信時 潔
26 楽しいプラン 藤浦 洸 高木東六
27 おさるとリスの子 サトウ・ハチロー 佐々木すぐる
28 みどりの青春 上山雅輔 鈴木静一
29 つばくろの歌 高塚由美 利根一郎
30 希望の街 大倉敏雄 大倉敏雄
31 楽しいエコー (財)修養団制定 堀内敬三
32 親和音頭 (財)修養団制定 小村三千三
33 みんなの青空 高橋掬太郎 飯田三郎
34 銀行むすめ 東 辰三 東 辰三
35 乙女の唄 今中楓渓 水谷ひろし
36 嫁ぐ日近く 喜志邦三 宮原康郎
37 夜明けの唄 大木惇夫 内田 元
38 この道 北原白秋 山田耕筰
39 椰子の実 島崎藤村 大中寅二
40 島崎藤村 小田進吾
41 乙女の春 今中楓渓 森 正男
42 月の夜更けに 野田代志夫 斎藤佳三
43 山は呼ぶ,野は呼ぶ,海は呼ぶ 北原白秋 小田進吾
44 春の唄 喜志邦三 内田 元
45 姉上嫁ぎて サトウ・ハチロー 草川 信
46A かえり道の歌 竹中 郁 古関裕而
46 村の乙女(少女) 喜志邦三 富永三郎
47 旅愁 岩田九郎 大中寅二
48 希望の船 佐藤惣之助 服部良一
49 武蔵野 久保田宵二 弘田竜太郎
50 学生の歌 松野清孝 東 辰三
51 山小舎の灯 米山正夫 米山正夫
52 ぼくたちの灯り 細川雄太郎 飯田景応
53 たそがれの夢 西沢義久 田村しげる
54 ポンチ打ちの唄 渡辺栄二 蔵野今春
55 心の青空 東条寿三郎 柴田 泰
56 明るいひととき サトウ・ハチロー 仁木他喜雄
57 平和の花 西条八十 古関裕而
58 丘の上 乾 直恵 保田 正
59 青い空なら 久保田リュウ 山本勝美
60 乙女の瞳 津田 誠 星出敏一
61 心のふるさと 大木惇夫 江口夜詩
62 旅人 三好達治 下総皖一
63 心の子守唄 稲野静哉 宮原禎次
64 我が家の唄 西条八十 山田耕筰
65 城ヶ島の雨 北原白秋 梁田 貞
66 昼の夢 高安月郊 梁田 貞
67 白き山査子の花咲きし時 楢崎 勤
灰田晴彦
68 荒城の月 土井晩翠 滝 廉太郎
69 美わしの天然 武島羽衣 田中穂積
70 愛の灯影 水口千代 佐藤長助
71 呼ぶ高原に 野村俊夫 平川英夫
72 師の君なつかし 西条八十 佐々木すぐる
73 微風の唄 勝 承夫 清水保雄
74 思い出草 久保田宵ニ 古関裕而
75 牡蠣の殻 蒲原有明 大中寅二
76 夕の祈り 藤浦 洸 平川英夫
77 お使いは自転車に乗って 上山雅輔 鈴木静一  ○ 
78 野薔薇の歌 佐藤惣之助 弘田竜太郎
79 旅情の歌 西条八十 江口夜詩
80 早春の物語 深尾須磨子 宮原禎次
81 やすらいの歌 百田宗治 古賀政男
82 スキーの唄 白鳥省吾 大村能章
83 愛のよろこび 野上 彰 倉重舜介
84 花に秘めて 津田 誠 蔵野今春
85 ゴマの花 工藤武富 永田 勉
86 青い鳥 大高ひさお 利根一郎
87 君ひとり 佐伯孝夫 高木東六
88 処女の夢 堀口大学 山田耕筰
89 浜千鳥 六条時雨 西原絃次
90 逍遥歌 森田芳津子 保田 正
23
91 憧れの唄 槙 耕一郎 森 儀八郎
92 希望の春 小暮正雄 小暮正雄
93 若き日たのし 新井更ニ 飯田秀一
94 緑の牧場 松坂直美 江口夜詩
95 泉のほとり 山田禎一 高橋貞一郎
96 ふるさとの路 飛鳥井芳朗 山口俊郎
97 初暦 東条寿三郎 古関裕而
98 初春の唄 岩佐東一郎 平岡照章
99 美しい鳥 江間章子 高木東六
100 歌時計 深尾須磨子 弘田竜太郎
101 春がきたよ 江間章子 田村しげる
102 乙女雲 藤浦 洸 橋本国彦
103 町の広場 竹中 郁 服部良一
104 桃の家 福田正夫 古関裕而
105 春の花店 安藤一郎 内田 元
106 新しき姿 サトウ・ハチロー 越谷達之助
107 若き日の夢 松坂直美 星出敏一
108 春の足音 藤浦 洸 保田 正
109 春の処女地 大倉芳郎 舟越治夫
110 ふるさとの海 坂口 衛 緑川登之
111 春のリボン 野長瀬正夫 高木東六
112 たった一人で 安藤一郎 大沢寿人
113 旅ゆく芭蕉 上山雅輔 加藤光男
114 かもめの唄 大橋 恂 河村弘二
115 緑の唄 中村利器 古関裕而
116 みどりのお山 川島水鶏 佐々木すぐる
117 燕のふるさと 藤田まさと 米山正夫
118 二人の調べ 和気建康 和気建康
119 夢は仄かに 松坂直美 森 儀八郎
120 呼んでいる 岡 登志夫 足羽 章
121 希望呼ぶ朝 加藤省吾 八洲秀章
122 思い出のふるさと 横掘恒子 江口夜詩
123 曙の歌 野村俊夫 長谷川良夫
124 愛の歌 笹沢美明 古関裕而
125 ハロー・ジョー 佐藤春夫 大沢寿人
126 小さい花 サトウ・ハチロー 高木東六
127 葦笛の歌 西沢義久 長津義司
128 なつかしの故郷 山川 清 長谷 進
129 かみきり虫 野上 彰 倉重舜介
130 忘られぬ人々 藤浦 洸 三枝健剛
131 春の泉 深尾須磨子 安部幸明
132 すみれ 中条雅ニ 平岡照章
133 世界をつなげ花の輪に 篠崎 正 箕作秋吉
134 五月の歌 鈴木松子 平井保喜
135 小鳥の泉 峰田明彦 渡辺浦人
136 真昼の蝶々 上山雅輔 服部 正
137 そよ風よ 大木惇夫 高山清司
138 鈴蘭の歌 志田十三 八洲秀章
139 ふるさとの道 藤田まさと 服部 正
140 梅木三郎 高木東六
141 明るい街 高橋掬太郎 高橋 半
142 夢を見ましょう 深尾須磨子 橋本国彦
143 すみれ花咲く丘 藤井すすむ 飯田景応
144 リラの花蔭 井田誠一 松井八郎 ○ 
145 旅馬車 西条八十 大中寅二
146 野ばら 英 美子 坂本良隆
147 今は遠き君に 藤浦 洸(訳) 坂本良隆
ふるさとの牧場(122改題) 横掘恒子 江口夜詩
148 合歓木(ネム)の花咲く頃 安西冬衛 古関裕而
149 窓を開けろ 富田砕花 清水 脩
150 青い花 笹沢美明 万城目 正
151 朝のテラス 長田恒雄 平井保喜
152 草笛を吹きましょう 加藤省吾 保田 正
153 緑のリズム 掘田半太郎 武川寛海
154 バラ色の朝 西沢義久 利根一郎
155 母の匂い 大高ひさお 安部幸明
156 子蟹のお家 近藤吐愁 中野篤親
157 草にねて 松坂直美 大中寅二
158 愛の海原 南条歌美 森 儀八郎
159 風の歌 深尾須磨子 平岡照章
160 アカシヤの花 松坂直美 橋本国彦
161 深尾須磨子 橋本国彦
162 夏のルンバ 安西冬衛 服部良一
163 想い出の町 喜志邦三 大沢寿人
164 黒いパイプ サトウ・ハチロー 服部良一
165 友よいずこに 近藤吐愁 石田一郎
166 幼いひとみ 宮沢章二 宮原禎次
167 青春の歌 薮田義雄 古関裕而
168 思い出は雲に似て 米山正夫 米山正夫
169 お嬢さん御注意 長田恒雄 高木東六
170 海の歌声 西岡水朗 長谷川堅二
171 明石の浦 竹中 郁 宮原康郎
172 海の風 竹中 郁 高田信一
173 流れるそよ風 野村俊夫 飯田信夫
174 幸福の青い鳥(ヘレンケラーの歌) 吉田啓文 飯田信夫
175 湖畔の雨 近藤吐愁 保田 正
176 旅人 島田磬也 長津義司
177 ひるがおの花 英 美子 石田一郎
178 ああ都の空に 大高ひさお 田村しげる
179 赤い鳥籠 飛鳥井芳朗 島田逸平
180 高原の笛 野村俊夫 平川英夫 ○ 
181 月のよい夜 深尾須磨子 大中寅二
182 風に乗って 宮沢章二 宮原禎次
183 あかるい田園 武井つたひ 平岡照章
184 想い出 丹野 正 久岡幸一郎
185 紅い灯の窓 喜志邦三 岡崎貞一
186 白ばらよ 加藤省吾 石田一郎
187 朝のたより 井田誠一 服部 正
188 ふるさとの 相馬御風 宮原禎次
189 憧れを呼ぶ歌 野村俊夫 米山正夫
190 私のたからもの 谷本茂子 朝吹英一
191 こころの青空 阿部 勇 東 辰三
192 星のまたたく頃 野村俊夫 佐藤長助
193 友情の丘 西岡水朗 高田信一
194 なつかしの我が家 西沢義久 田村しげる
195 愛のクローバー 松坂直美 渡辺浦人
196 メリー・クリスマス 藤浦 洸 高木東六
197 冬来りなば 勝 承夫 水口幸子
198 私が花屋を始めたら 宇野美樹 長津義司
24
199 お正月 深尾須磨子 下総皖一
200 福寿草の夢 江間章子 長谷川良夫
201 ささやき 宮沢章二 宮原禎次
202 夢占い 喜志邦三 大中寅二
203 はつ春のうた 都築益世 岡本敏明
204 パイプくわえて 麓 一平 伊藤翁介
205 炭やきさん 都築益世 佐々木すぐる
206 胸のパレット 藤浦 洸 大沢寿人
207 かけす 薮田義雄 安部幸明
208 風車の唄 難波美代 山本雅之
209 夢の野茨 近藤吐愁 安部幸明
210 夢の港 深尾須磨子 服部良一
211 そよかぜの歌 清水みのる 長津義司
212 春のしらせ 武田雪夫 芥川也寸志
213 みどりの口笛 野村俊夫 米山正夫
214 旅情 笹沢美明 団 伊玖磨
215 のばらに寄せて 大木惇夫 乗松昭博
216 乙女の祈り 坂口 淳 林 伊佐緒
217 麦笛 薮田義雄 平尾貴四男
218 あの言葉 笹沢美明 高木東六
219 さつきとなれば 丸山 薫 池  譲
220 鈴蘭の花 白鳥省吾 古関裕而
221 黙っていても サトウ・ハチロー 服部良一
222 夏の思い出 江間章子 中田喜直
223 レモン水の歌 八十島 稔 高木東六
224 山の朝 武田雪夫 平尾貴四男
225 さくら貝の歌 土屋花情 八洲秀章
226 牧場 武田雪夫 飯田信夫
227 瀬戸の小島 野村俊夫 服部 正
228 みどりの高原 松坂直美 江口夜詩
229 鴎とわたしの歌 武井つたひ 平井保喜
230 あざみの歌 横井 弘 八洲秀章
231 若いノスタルジヤ 安藤一郎 米山正夫
232 りんどうの歌 加藤省吾 鈴木林蔵
233 秋風 壷田花子 団 伊玖磨
234 二人の歌 西沢義久 北村維章
235 秋の瞳 坂本越郎 柴田南雄
236 涙の雨の降る時に 深尾須磨子 飯田信夫
237 秋のおとずれ 武田雪夫 平井保喜
238 林檎みのる頃 薮田義雄 古関裕而
239 明るい小路 サトウ・ハチロー 宮原康郎
240 夕焼け小焼け 城 左門 深井史郎
241 野道の歌 宮沢章二 岡本敏明
242 愛の花束 壷田花子 箕作秋吉
243 さようなら 深尾須磨子 服部良一
244 松毬(まつかさ) 大木 実 団 伊玖磨
245 ほほえみ 都築益世      服部 正
246 思い出の丘 前田鉄之助 大中寅二
247 あの子 西沢義久 田村しげる
248 ふるさと 大木 実 安部幸明
249 冬が来た 深尾須磨子 高木東六
25
250 春の扉 勝 承夫 平井保喜
251 雪が降る 竹中 郁 大沢寿人
252 春を待ちましょう 夏目十郎 北村維章
253 リンゴ乙女 牧 房雄 八洲秀章
254 あこがれの住む彼方 千賀ふみ緒 服部 正
255 黙って花を 本町博史 芥川也寸志
256 あんずの花 薮田義雄 古関裕而
257 白い小径 東 辰三 東 辰三
258 真赤なバラ 長田恒雄 伊藤翁介
259 雲を眺めて 西条八十 古関裕而
260 荒地の祈り 大木惇夫 中田喜直
261 みどりの谷間 西条八十 鈴木満雄
262 或る夜ひそかに サトウ・ハチロー 飯島一夫
263 ご飯の歌 深尾須磨子 須賀田磯太郎
264 あなたの手紙 藤浦 洸 山田栄一
265 スクエアダンスの歌 笹沢美明 飯田信夫
266 白い花の咲く頃 寺尾智沙 田村しげる
267 すみれつみましょう 吉村比呂詩 平井保喜
268 ちがやの波 薮田義雄 鈴木林蔵
269 砂山の花 保科義雄 八洲秀章
270 リラの小径 安西冬衛 大沢寿人
271 露の小道で 武田雪夫 大中寅二
272 キャンプの歌 川路英介 服部 正
273 美しい乙女 江間章子 高木東六
274 白樺の歌 喜志邦三 宮原禎次
275 朝の洗濯 東 辰三 東 辰三
276 遠い花火 丸山 薫 山田昌弘
277 夢に故郷を 西沢義久 田村しげる
278 青いランプ 深尾須磨子 服部良一
279 帰り道 都築益世      安部幸明
280 ふるさとの歌 吉川静夫 松井八郎
281 初秋の歌 堀口大学 団 伊玖磨
282 秋のハイキング 鐸木 孝 安倍 盛
283 ピンポンの歌 サトウ・ハチロー 服部 正
284 秋風 武田雪夫 平井保喜
285 水車小屋の花 鈴木比呂志 米山正夫
286 もしも私が 岩佐東一郎 伊藤翁介
287 秋風は雲にのって 時雨音羽 宮原康郎
288 帰郷の歌 藤浦 洸 西出次郎
289 案山子の歌 牧 房雄 舟越隆司
290 いつもの角で サトウ・ハチロー 鈴木静一
291 水のほとり 竹中 郁 高木東六
292 ほうずき 宮沢章二 宮原禎次
293 おもいでを運ぶ手紙 鈴木比呂志 福井文彦
294 萱野しぐれ 中条雅二 平岡照章
295 薮田義雄 芥川也寸志
296 草笛かなし 藤浦 洸 古関裕而
26
297 吹雪の道 白鳥省吾 信時 潔
298 北風の歌 西沢義久 平井保喜
299 冬知らぬ里 安西冬衛 清水 脩
300 春の匂い 長田恒雄 池  譲
301 今日の願い 夏目十郎 北村維章
302 峠の道 大木 実 服部 正
303 あしおと 喜志邦三 大沢寿人
304 家路 勝 承夫 小村三千三
305 春の声 壷田花子 石渡日出夫
306 松の木の間の路 大木 実 平尾貴四男
307 山乙女の歌 高橋掬太郎 宮原康郎
308 ハーモニカの歌 山下竹二 古関裕而
309 リラの花咲く頃 寺尾智沙 田村しげる
310 春のシャンソン 岩佐東一郎 高木東六
311 森の水車 清水みのる 米山正夫
312 たんぽぽ 武井つたひ 飯田信夫
313 ただそれだけさ サトウ・ハチロー 高木東六
314 ゆく春を(春のあしおと) 野上 彰 団 伊玖磨
315 明るい雨 西沢義久 万城目 正
316 人魚の瞳 水上新樹 服部 正
317 三つの風車 西条八十 団 伊玖磨
318 都の片隅に サトウ・ハチロー 西出次郎
319 丘のポプラ 門田ゆたか 北村維章
320 いとすぎはひとり立ってる 藤浦 洸 芥川也寸志
321 夢のそよ風 松坂直美 八洲秀章
322 ある日の午後 野村俊夫 鈴木林蔵
323 夜の海 安西冬衛 大沢寿人
324 あなたを待てば 水上新樹 福井文彦
325 夏の思い 長田恒雄 斎藤高順
326 夢にのみ 大木惇夫 古関裕而
327 山の煙 大倉芳郎 八洲秀章
328 真白い椅子 西沢義久 松井八郎
329 たそがれのワルツ 深尾須磨子 高木東六
330 うす暗き路なれど サトウ・ハチロー 服部良一
331 海のうた 深尾須磨子 園部為之
332 朝の散歩 武井つたひ 服部 正
333 うれしい便り 笹沢美明 万城目 正
334 オリンピックの歌 山田千之 高田信一
335 キャッチボールの歌 鐸木 孝 安倍 盛
336 豊年月夜 宇野美樹 古関裕而
337 夕月細く 喜志邦三 宮原康郎
338 こんな時にはふるさとの 清水重道 清水 脩
339 茜雲に寄せて 八十島 稔 安部幸明
340 古いソフト 中条雅ニ 平岡照章
341 でこぼこみち 竹中 郁 団 伊玖磨
27
342 てまりうた 深尾須磨子 山田耕筰
343 消えた虹 富田砕花 宮原禎次
344 母の寝顔 西条八十 高木東六
345 海・空・山 清水重道 石渡日出夫
346 春のささやき 長田恒雄 飯田信夫
347 春の瞳 三木紅星 舟越隆司
348 二日月 安西冬衛 大沢寿人
349 春は来る来る 武田雪夫 服部 正
350 だあれ 西沢義久 佐々木すぐる
351 おもいでの白い花 時雨音羽 松山徳彦
352 おぼろ夜の曲 鐸木 孝 安部幸明
353 柳のわた 薮田義雄 鈴木林蔵
354 夕月の歌 高橋掬太郎 藤山一郎
355 楽しい買物籠 宇野美樹 乗松昭博
356 トランプ占い サトウ・ハチロー 高木東六
357 角から二軒め花の店 武井つたひ 芥川也寸志
358 山彦の歌 喜志邦三 服部良一
359 みかんの花咲くふるさと 壷田花子 米山正夫
360 夢の蛍草 島田磬也 古関裕而
361 水尾(みお)の歌 藤浦 洸 宮原禎次
362 ぶらんこ 長田恒雄 団 伊玖磨
363 ふるさとの草笛 坂口 淳 利根一郎
364 ランチタイムの歌 喜志邦三 服部 正
365 バスの車掌さん 鈴木比呂志 米山正夫
366 一羽の鴎 野村俊夫 江口夜詩
367 知っているかい 宮沢章二 服部 正
368 夏よさようなら 安西冬衛 古関裕而
369 南の雨 丸山 薫 山田昌弘
370 水車(みずぐるま)の思い出 平木ニ六 宮原禎次
371 笛を吹くのは誰でしょう 深尾須磨子 大中寅二
372 いなご取り 宮沢章二 古関裕而
373 丘の小さな青い屋根 西沢義久 高木東六
374 秋に見る夢 武井つたひ 宮原康郎
375 花のうた 深尾須磨子 福井文彦
376 あかねの丘 大倉芳郎 八洲秀章
377 星と野ばらと太陽と 森山紀美子 石山 尚
378 麦踏みながら 関根利根雄 玉利 明
379 木枯は窓に吹いても 高槻百合子 天津 昇
380 岐れ道 藤浦 洸 古関裕而
381 山国の歌 薮田義雄 安倍 盛
382 北風の歌 藤浦 洸 松山徳彦
383 チャペルの鐘 和田隆夫 八洲秀章
28
384 オレンジ色のランプ 平木ニ六 米山正夫
385 月寒乙女 江間章子 利根一郎
386 マロニエに降る雨 白鳥省吾 古関裕而
387 名所の四季 佐藤春夫 山田耕筰
388 時計台の歌 笹沢美明 高橋 半
389 雪の降る街を 内村直也 中田喜直
390 破れた蝙蝠傘 喜志邦三 宮原禎次
391 春の雪 千賀ふみ緒 石渡日出夫
392 愛のこみち 武井つたひ 古関裕而
393 春の便り 長田恒雄 団 伊玖磨
394 ビルの窓から 宮沢章二 高木東六
395 ああプランタン無理もない サトウ・ハチロー 中田喜直
396 ゆりかご 壷田花子 石渡日出夫
397 なんだかうれしいよ 武井つたひ 服部 正
398 君は五月僕も五月 サトウ・ハチロー 団 伊玖磨
399 みどりの馬車 丘 十四夫 古関裕而
400 ねんねこお山 小林美智子 平井康三郎
401 湖水のほとり 薮田義雄 佐々木栄治
402 街頭録音 竹中 郁 服部 正
403 朝の庭 鈴木松子 高木東六
404 海をたずねて 中条雅ニ 平岡照章
405 夕べのシャンソン 深尾須磨子 高木東六
406 ヨットの歌 西沢義久 芥川也寸志
407 花の心も知らないで 寺尾智沙 田村しげる
408 朝の駅にて 花浦みさお 寄藤喜久子
409 バラとリボン 西条八十 服部良一
410 夏のロンド 江間章子 団 伊玖磨
411 こけしこっくり 宮沢章二 横田昌久
412 優しき母の歌 武井つたひ 大中寅二
413 柳散る町 喜志邦三 山田和男
414 からりとしましょ 長田恒雄 安部幸明
415 ふるさとの丘の小径は 宮川哲夫 加藤光男
416 たばこ 西沢義久 古関裕而
417 しらさぎの歌 鈴木比呂志 八洲秀章
418 黒猫 勝 承夫 網代栄三
419 ペタルをふんで 花浦みさお 平岡照章
420 おもいで 中原淳一 石川皓也
421 さざん花の歌 寺尾智沙 田村しげる
422 よなべの歌 野上 彰 宅 孝ニ
423 よきよき歌よき夢もよき サトウ・ハチロー 米山正夫
424 返り花 安西冬衛 清水 脩
425 橇よはしれ 江間章子 鈴木林蔵
426 美しい時の流れに 薮田義雄 団 伊玖磨
29
427 光の子鳩 深尾須磨子 高木東六
428 静かな夜のビギン 岩谷時子 原 六朗
429 故郷(ふるさと)に送る歌 藤浦 洸 古関裕而
430 午前十時の陽ざしです 武井つたひ 富永三郎
431 汐鳴りの丘 鈴木比呂志 八洲秀章
432 たそがれの青い灯よ 勝 承夫 園部為之
433 満月と犬 竹中 郁 宮原禎次
434 春風よ告げておくれ 中原淳一 飯田三郎
435 リンゴの皮をむきましょう 吉村比呂詩 服部 正
436 静かな椅子を求めて 宮沢章二 乗松昭博
437 あせびの花 大倉芳郎 富永三郎
438 誰か口笛吹いている 丘 十四夫 松林和男
439 あまんじゃくの歌 深尾須磨子 高木東六
440 花を撒きましょう 長田恒雄 十時一夫
441 麦笛を吹く丘 高橋掬太郎 飯田三郎
442 海のうた 藤本浩一 高橋 半
443 そよ風のシャンソン 野村俊夫 鈴木林蔵
444 くちなしの花 薮田義雄 平井康三郎
445 ひとりもののうた サトウ・ハチロー 原 六朗
446 まつげのかげに 長田恒雄 清水 脩
447 かっこうの歌 野上 彰 大中寅二
448 雨だれの窓 宮沢章二 石川皓也
449 牧場の時計 藤浦 洸 服部良一
450 奥さんと青蛙 喜志邦三 高田信一
451 うるわしの虹 鈴木比呂志 八洲秀章
452 野山は招く 松坂直美 加藤光男
453 小鳥と花とそよ風と 西沢 爽 林  光
454 ポプラに歌う 寺尾智沙 田村しげる
455 山の静かな水音 吉村比呂詩 細谷一郎
456 夕月のワルツ 野上 彰 大森盛太郎
457 湖畔の角笛 野村俊夫 米山正夫
458 銀のさじ 深尾須磨子 宮原康郎
459 街の風 宮沢章二 北村維章
460 過ぎ去った夏の日のメヌエット 薮田義雄 乗松昭博
461 雑木林に月が出た 丘 十四夫 原 六朗
462 月夜の笛 横井 弘 吉田矢健治
463 鰯網の歌 安西冬衛 宮原禎次
464 二人のワルツ 深尾須磨子 高木東六
465 りんどうの花咲けば 鈴木比呂志 八洲秀章
466 たそがれの旅愁 西沢 爽 平井康三郎
467 あの頃は 野長瀬正夫 十時一夫
468 シロフォンの雨 西沢 爽 米山正夫
469 夕焼け雲の草原で 宮沢章二 大中 恩
470 古いオルガン 梶本初代 丘 光世
471 赤い絵具 関根利根雄 岩河三郎
472 忘れていたよ 中西和人 乗松昭博
473 貧しき贈物 藤浦 洸 山田和男
474 北風三郎の歌 丘 十四夫 古関裕而
475 恋の回転椅子 西沢 爽 馬渡誠一
476 夜毎の夢に 音羽たかし 飯田三郎
30
477 待望の歌 大木惇夫 平井康三郎
478 どんなに寒い朝だって 長田恒雄 鈴木林蔵
479 すきま風 竹中 郁 中田一次
480 母あればこそ 寺尾智沙 田村しげる
481 並木の街の時計台 丘 十四夫 古関裕而
482 薄荷のお菓子 西沢 爽 岩河三郎
483 これでは春はチト遠い サトウ・ハチロー 服部 正
484 南のセレナード 矢野 亮 吉田矢健治
485 灯は花のように 牧 房雄 八洲秀章
486 筏ぶし 薮田義雄 小山清茂
487 白いベンチに 喜志邦三 高橋 半
488 アドバルーンに風がある 宮沢章二 石川皓也
489 お山のからす 西沢 爽 万城目 正
490 牧場のあの人 鈴木比呂志 江口夜詩
491 ばらの祭 深尾須磨子 高木東六
492 静かな夜の雨 吉村比呂詩 服部逸郎
493 若いんだもの 宮沢章二 岩河三郎
494 カレッジの鐘 門田ゆたか 大中 恩
495 そよ風の歌 高橋掬太郎 藤山一郎
496 みどりの椅子 野村俊夫 鈴木林蔵
497 老水夫の歌 藤浦 洸 服部良一
498 可愛い風船売り 若山かほる 福井文彦
499 南の風のジェラシー 安西冬衛 原 六朗
500 雨の旅愁 牧 房雄 八洲秀章
501 波の唄 丸山 薫 小山清茂
502 雨の砂場