NHK学園国立本校オープンスクール講座

「ラジオ歌謡を歌おう」春の受講者募集中

186-8001 東京都国立市富士見台2-36-2 、お申し込みは 電話042-572-3151

 

講座カリキュラム  (平成22年4月〜22年9月)

 

講座名 ラジオ歌謡を歌おう  講師 日本ラジオ歌謡研究会会長 工藤雄一

期間  6か月  6回、   受講料 ¥13,800  (一括納入)

日時  第3水曜日 13:00~15:00

 

指導内容 ラジオ歌謡とは、昭和21年5月から16年間続いたNHKの歌番組「ラジオ歌謡」の中で放送された曲のことで、

敗戦から立ち上がろうとする多くの日本人を励ましてきました。ラジオ歌謡は「朝はどこから」「夏の思い出」「さくら貝の歌」

「雪の降る町を」など846曲にのぼります。この講座では、毎回名曲を皆で歌って楽しむとともに、ラジオ歌謡の知識を学びます。

 

春季(4月〜6月) 

4/21 お話「ラジオ歌謡」の歴史-----国民歌謡からラジオ歌謡へ。

     歌と音源を楽しむ「朝はどこから」「青い風」「森の水車」他。

      

5/19 お話「ラジオ歌謡」の構成-----オリジナル曲とリバイバル曲。

     歌と音源を楽しむ「緑の牧場」「リラの花咲く頃」「明るい雨」他。

      

6/16  お話「ラジオ歌謡」を作った人々と楽譜保存の現状について。

          歌と音源を楽しむ「夏の思い出」「白い花の咲く頃」「さくら貝の歌」他。

 

夏季(7月〜9月)

  7/21 お話「ラジオ歌謡」を歌った人々と音源の保存の現状について。

     歌と音源を楽しむ「山の煙り」「山小舎の灯」「たそがれの夢」他。

      

   8/18 お話「ラジオ歌謡」の研究-----日本ラジオ歌謡研究会について。

     歌と音源を楽しむ「あざみの歌」「三日月娘」「母あればこそ」他。

      

   9/15 お話「ラジオ歌謡を歌う会」の全国における現状について。

     歌と音源を楽しむ「チャペルの鐘」「さざん花の歌」「雪の降る町を」他。

 

 

持ち物  テキスト 筆記用具 ノート

教材費  テキスト「思い出のラジオ歌謡選曲集」全音楽譜出版社(2520円)

 


予告 

    伊藤久男生誕100年記念「工藤雄一ラジオ歌謡コンサートVin 横手」

      ===横手ラジオ歌謡を歌う会の皆さんと共に===

 

        2010年8月29日(日)午後2時開演4時終了、 横手市 民会館ホール。1500

  主催 横手ラジオ歌謡を歌う会、 横手市 横手市 教育委員会、一部申請中

  後援 日本ラジオ歌謡研究会、秋田県ラジオ歌謡連盟

出演 歌唱・指揮 工藤雄一, 横手ラジオ歌謡を歌う会合唱団

 エレクトーン伴奏 長谷川幹人

    オープニング  1.今週の明星の歌

 

      第1部 ラジオ歌謡

             2.朝はどこから(東京放送合唱団)

      伊藤久男の歌ったラジオ歌謡から5曲

                          3.夢に故郷を(伊藤久男)

     4.北風三郎の歌(伊藤久男)

   5.母あればこそ(伊藤久男)

     6.火の山の歌(伊藤久男)

   7.山の煙り(伊藤久男)

 

第2部 伊藤久男の歌った抒情歌謡より       

  8.サロマ湖の歌

       9.イヨマンテの夜

       10.君、いとしき人よ

       11.サビタの花

       12.恋を呼ぶ歌

       13. ブラジルの太鼓

       14. オロチョンの火祭り

       15. 夕月の歌

      

      第3部 ラジオ歌謡

       16.山小舎の灯(近江俊郎)

       17. たそがれの夢(伊藤久男)

       18. チャペルの鐘(岡本敦郎)

       19. さくら貝の歌(小川静江)

       20. 白い花の咲く頃(岡本敦郎)

       21. あざみの歌(八洲秀章、伊藤久男)